がんの初期症状

がんは痛みがないまま進行することが多いのですが、初期段階で塊ができたり、出血を伴うものもあります。
ここでは、さまざまながんによくあらわれる初期症状について紹介します。

がんは、悪性腫瘍と言われており、原発巣には何らかの腫瘍ができます。
皮膚の下の浅い部分にがんができれば、手で触れるだけで塊に触れることができます。
例えば、乳がんは塊で早期発見できる場合もあり、定期的に自己触診をおこなうように指導する医療機関が多くなっています。
また、甲状腺がんの場合も、前頚部に塊ができるので、触診で発見できます。

そして、大腸に腫瘍ができた場合、便が通過しにくくなるため、便秘と下痢を繰り返すなどといった便通障害が起こります。
それから、肝臓や膵臓にがんが発生すると、胆汁の流れが妨げられ、黄疸があらわれるようになります。

がん細胞は、酸素と栄養素を大量に必要とするため、がんが発生すると同時に新しい血管が作られることがあります。
この血管は、正常な血管に比べて、もろくなっており、ほんの少し刺激を与えると出血してしまいます。
つまり、がんになると、出血などの症状が現れることもあるのです。

たとえば、肺がんになると、血痰が出たり、大腸がんの場合、血便が出ることがあります。
その他、女性特有の子宮がんになると、過多月経や生理日以外の出血などが見られます。

このように、がんができると出血しやすくなりますので、身体のどこかに出血が見られた場合、すぐにでも医療機関を受診するようにしましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 経験者が語る・がんとの向き合い方 All Rights Reserved.