手術療法

がんの三大治療法の一つに手術療法があります。
手術療法では、メスを用いてがん細胞を切除します。
ただ、がん細胞だけを切除した場合、微細ながん細胞が体内に残ってしまうこともありますので、一般に、がん細胞の周辺にある正常な組織も切除します。
がん細胞を完全に取り除くことができれば、手術のみでがんを完治させることも可能です。
特に、早期の胃がんで周辺細胞に転移していない場合、手術だけで完治することが可能です。

近年は、内視鏡手術で小さながん細胞も切除可能となりました。
内視鏡手術では、メスで切り取らなくても、がん細胞がある部位をピンポイントで切除できます。
このように初期のがんで他に転移がなければ、手術で完治できるのです。

また、手術療法は、進行したがんにも用いられることがあります。
一般に手術療法では原発巣と周辺のリンパ節を取り除きます。
ただし、リンパ節に転移が認められた場合、がん細胞が残ってしまうと再発のリスクが高くなるため、リンパ節を広範囲にわたって切除します。
このように手術療法は、転移しているがんでも、がん細胞がリンパ節に留まっている場合にも適用されます。
リンパ節に転移したがんでも、少数のリンパ節のみの転移であれば、手術だけで完治することも可能です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 経験者が語る・がんとの向き合い方 All Rights Reserved.