がん検診のすすめ

がんは、定期検診を受け、早期発見できれば、完治できる可能性もあります。
そのため、積極的にがん検診を受けることが大切です。

ほとんどのがんは、初期症状がなく、症状が現れた時にはかなり進行していて、手の施しようがない状態になっていることが多いです。
つまり、がんによる死亡を防ぐには、がん検診を受けることが一番です。
中には、がん検診は体調が悪くなってから受けるものと思っている方もいるようですが、体調に異変が起きてからでは遅いのです。

病気の予防のために検診を受けることが大切だとは分かっていても、「忙しいから」、「症状が出てからでも間に合う」とついつい後回しになる方も多いようです。

現在、日本人の死因の第一位はがんとなっていますが、このようにがん検診を後回しにすることも早期発見を遅らせる原因となっているのではないかと思います。

がん検診は、健康な方を対象に行うものです。
がん検診により、早期で、無症状のうちにがんを発見することで、がんを治癒させることができるのです。

普段からがんを予防する生活を送ることが大切ですが、それでも予防しきれないこともあるでしょう。

そのため、出来てしまったがんを発見し、早期治療することががん検診の目的です。
特に、死亡率の高いがんに関しては、がん検診で早期発見することで、死亡率を下げられることが立証されています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 経験者が語る・がんとの向き合い方 All Rights Reserved.