セカンドオピニオン

主治医からがんと確定診断を受け、具体的な治療法を提示されたら、セカンドオピニオンを聞くことも検討してみましょう。
別の医師の見解を聞くことで、主治医が提示する治療方針に納得できることもあれば、別の治療法を見いだせることもあるでしょう。

そして、セカンドオピニオンは治療開始前に受けることが大切です。
実際には、治療を開始してから、思い通りの結果が出ないということでセカンドオピニオンを受ける方が多いようです。
しかし、治療を開始してからでは、新たにできることはどうしても限られてしまいます。
そのため、治療を開始する前にセカンドオピニオンを受けるようにしてください。

また、セカンドオピニオンは、自分はがんでないことを確認したり、手術を免れるために受けるものではありません。
自分の症状や進行度に最も合った治療法を再確認するためのものです。
セカンドオピニオンを受けたら、その結果を主治医に提示し、がんの診断を受けた医療機関で治療を続けることが原則となっています。

セカンドオピニオンを受けるにあたっては、主治医から検査データ、画像データなどを受け取り、セカンドオピニオン先に提出します。
中には、セカンドオピニオンを申し出ると、主治医に疑いを持っているように思われそうだと感じる方もいるようです。
しかし、実際に主治医にセカンドオピニオンを希望する旨話をすると、気持ちよくデータを揃えてくれるでしょう。
また、主治医が連携している病院を紹介してくれることもありますので、自分にとって最適の治療法を見つけるためには。思い切って相談してみましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 経験者が語る・がんとの向き合い方 All Rights Reserved.