放射線治療

がんの進行度や症状によっては放射線治療が適用されることがあります。
一般の方には、放射線治療のイメージがつかみにくいかと思いますので、ここでは放射線治療について紹介していきます。

放射線治療にはがん細胞の縮小、再発防止、痛みの軽減などといった目的があります。

放射線治療は、がん細胞を死滅させるために行うことが多いです。
特に、がん細胞が広がり、周辺組織を圧迫していたり、消化器や血管が閉塞している場合に放射線治療が有効です。

まそれから、がんを手術で取り除いても、微小ながん細胞が残り、再発の原因となることがあります。
そのため、再発予防のために、手術後に放射線を照射することもあります。

放射線治療は、がん細胞が存在する部分にピンポイントで照射可能であるため、身体への負担も抑えることができます。
 
がんが進行すると、痛みを生じることがあります。
放射線治療は、骨転移の痛みを軽減するためにはかなり有効であると言われています。

近年は、医療技術が進歩してきているため、正常な細胞を傷つけることなく、がん細胞にポイントを当てて放射線を照射することができるようになっています。

また、手術や抗がん剤と放射線治療を上手に組み合わせていくことで、生存率を高めることが期待できるでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 経験者が語る・がんとの向き合い方 All Rights Reserved.