がんを予防するには

がんは細胞のミスコピーが原因で発生すると言われています。
そして、遺伝子は、体内の活性酸素や発がん性物質などで傷つけられ、がんへと発展してしまいます。
しかし、身体に免疫力が備わっていれば、がん細胞を撃退することが可能です。

がんを予防するには、深酒、タバコ、過労、寝不足、イライラすることなど、身体によくないことをやめることが有効です。

それから、活性酸素は、遺伝子を損傷する原因となりますので、抗酸化作用のある成分を摂取することで、活性酸素を除去することが大切です。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは優れた抗酸化力を持つ成分で知られています。
そして、これらのビタミン類は、野菜から摂取できます。
また、抗酸化作用を持つ成分は、味噌や豆腐などの大豆製品の多く含まれています。
つまり、和食中心の食生活を送ることが、がん予防の第一歩となるのです。

遺伝子を修復するには、身体をゆっくり休めることが大切です。
また、がん細胞に対し免疫力を付けるためにも休養を取らなければなりません。
そのためには、質の高い睡眠を取り、リラックスできる時間を持つことです。

つまり、栄養バランスの良い食事と、十分な睡眠、体に害のあることをやめることががん予防のポイントとなります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 経験者が語る・がんとの向き合い方 All Rights Reserved.