抗がん剤治療

代表的ながん治療法の一つに抗がん剤があります。

抗がん剤治療は、薬や点滴を身体に行き渡らせるため、血液のがんなど全身のがんに対する治療が可能となっています。

ただ、抗がん剤治療はがん細胞の抑制に高い効果を発揮しますが、正常な細胞を攻撃したり、脱毛、吐き気、だるさなどといった副作用に苦しめられることが多くなっています。
そのため、抗がん剤治療を、がんの再発予防、手術や放射線治療が適用できない場合に行っていました。
しかし、近年は、副作用がすくない抗がん剤が開発され、手術前に抗がん剤でがん細胞を縮小したり、放射線と抗がん剤を併用する治療法も確立されています。
特に、ある程度大きくなったがんの場合、抗がん剤でがん細胞を縮小させることで、手術で確実に除去することができます。

また、近年は、抗がん剤の副作用が軽減されたり、副作用を軽減する薬が充実してきたため、外来での治療も可能となっています。

抗がん剤は通常の医薬品に比べて高価なものが多く、保険適用となっても医療費がかかってしまいます。
しかし、現在は「高額療養費制度」が創設されているため、1ヶ月の医療費が一定の額を超えると還付を受けられます。
もし、抗がん剤治療を受けるのであれば、病院のソーシャルワーカーに聞いてみると良いでしょう。
 

    人気ランキング

  • 高い技術でお客様のコリをほぐしてくれる下北沢 マッサージをしたいなら、安心の低価格で深夜まで対応してくれるので、仕事で忙しい方でも疲れを癒してもらえるのでオススメです。

  • 体調や個人個人の体質に合わせて辛い症状に対し最適な改善方法を取ってくれる自律神経失調症の鍼治療を考えているなら、脱力感、めまい、急な動悸、頭痛など突発的に悪い症状が発生し日々辛い思いをしている方に是非お勧めの治療です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 経験者が語る・がんとの向き合い方 All Rights Reserved.