経験者が語る・がんとの向き合い方 TOP

このサイトについて

腫瘍には、良性のものと悪性のものがあり、悪性の腫瘍をがんと言います。
ここでは、良性腫瘍と悪性腫瘍の違いについて紹介していきます。

悪性の腫瘍にはがん独特の硬さがあります。
単に硬ければがんというものではなく、がんならではの硬さがあり、経験を積んだ医師であれば触っただけでわかるとのことです。

また、腫瘍の周りがつるっとした感触であれば、良性腫瘍であることが多く、腫瘍の周りがギザギザしていて境界がどこにあるのか分からない場合はがんである可能性が高いとのことです。

人間の体の細胞は、新陳代謝で常に新しいものに生まれ変わっています。
古い細胞が死滅し、新しい細胞を増殖させるときに、DNAがコピーされる仕組みになっています。
この時にコピーミスがあるとがん細胞が発生しやすくなります。

良性腫瘍は発生した組織内のみで増殖し、腫瘍細胞が周辺の臓器、筋肉や骨に食い込むことはありません。
しかし、がん細胞は、骨や筋肉などの周辺組織にも増殖していきます。
例えば、胃にできたがん細胞は、がんの進行とともに膵臓、周辺の筋肉組織や骨に浸潤することもあります。
がん細胞というものは、細胞増殖の規律を守らずに、周辺組織を侵していくという特徴があります。

    がんと闘う

    おすすめ情報

    30万人以上の方々が治療を受けられていて、副作用等のデータも整備され安全なものとされている注射痔核根治術を行なっている東京都港区芝の肛門科・胃腸科を探しているなら、健康保険適応で術後翌々日には仕事に戻る事ができるのでオススメです。
    熟練したスタッフが高い技術をもって全身の疲れを癒してくれる下北沢でマッサージを探しているなら、リピート率9割を誇る安心のクオリティで対応してくれて、深夜2時まで受け付けているので忙しい方でも安心して通う事が出来ます。
    きれいな歯ならびに矯正してくれる札幌市にある矯正歯科は宇治矯正歯科クリニックがおすすめです。患者さんからの評判も高く、小さなお子様から幅広い年代の歯科矯正を行われているそうです。是非サイトへ訪れてみて下さい。
    Copyright(C) 経験者が語る・がんとの向き合い方 All Rights Reserved.